SKYLARKIN RECORD
 最新リリース・イベント情報  ディスコグラフィ
DJ PROFILES
 通販案内 トピックス
 クボタタケシ
クボタタケシ ワークス 1997
TEXT by 狩野昌宏(BBQ編集長)
ECDのREMIXES Vol.1「カッティングエッジ」 ECDのREMIXES Vol.1
[ 1997.5 CUTTING EDGE CTCR-14074 ]CD+アナログ
「遅いぞ追いついて来い!」な雰囲気を適格に表現している、と簡単に締めたいところだが「速すぎて着いていけねぇよ!」って思ってしまうほどに過度。再評価の気運著しいノー・ウェイヴ的な感覚というよりは、再評価すらしてもらえない60'sガレージ的な感覚。適度ないい加減さが、曲の短さにも表れている。
Bitces In Babylon/Ellie Bitches In Babylon/Ellie
[ 1997.6 CRUE-L KYTHMAK026RX ]CD+アナログ+プロモ
みんな驚いた。でも、みんな従ったのは、恐ろしいまでの中毒性の高いトラックのせいだろう。笹沼位 吉による<ノー・ジョーク>なベースラインもその一旦を担っている。プロモオンリーのその名も "Flying Killaahh Remix" ダブ・ヴァージョンでは、クボタ自身が叩くパーカッションと共に狂いそうになり、エンディングで失神してしまう。
TIME/クボタタケシ・渡辺俊美 TIME/クボタタケシ・渡辺俊美
[ 1997.8 SKYLARKIN SKYDISCO-00297S ]CD+アナログ
"TIME" "CLAP & SNAP" "UPLIFTING" "TIME AFTER TIME" と、このミニアルバムを通して一大叙情詩を試みているクボタタケシ。表題の "TIME" よりも遥かに長いリプライズ的な "TIME AFTER TIME" には良い意味で呆れる。また、シャーウッドにケンカを売ってるかのような "CLAP & SNAP" はフルボリュームで聴いてもらいたい。
SUGAR HILL OLD SCHOOL RENEWAL/VA SUGAR HILL OLD SCHOOL RENEWAL/VA
[ 1997.10 P-VINE PCD-5247 ]CD+アナログ
Grandmaster Flash&The Furious5 "THE MESSAGE" の奇跡的なリミックス。完璧な素材を、オリジナル以上に歌詞の世界観を表現してみせたクボタの手腕を無条件で誉めるべき。できれば、このトラックでメリー・メル出ずっぱりな新たなプロモーション・ビデオを誰かに撮ってもらいたいくらい。ホント、これ嫌いな奴は信用できない。
Calling me Remix/EGO-WRAPPIN' Calling me Remix/EGO-WRAPPIN'
[ 1997.11 METRO CREW RECORDS ]CD+アナログ
今をときめくエゴ・ラッピン。"Calling me" をクボタがリミックス。懐の深い感じのイントロから淡々と様子をうかがっていくが、3分も過ぎたあたりから段々と上げていく。そして、「ハレクリシュナでロック歌劇か!?」って思わせておき、一気にエンディングへ。不意を突かれた後の展開には感動さえしてしまう。 。
[ クボタタケシ トップ ][ クボタタケシ ディスコグラフィ ] [ BACK ] [ NEXT ]